カテゴリー: 鴨中NOW

11月13日 全校集会・表彰・報告会

11月13日に全校集会が開かれました。内容は秋季大会の表彰等が行われ、後半は、『 OKAYAMAスマホサミット2019成果報告会』に参加した生徒会総務のメンバーによる報告会が行われました。

秋季大会、その健闘を表彰しま
11月2日、岡山で行われたスマホサミットの様子を報告

11月6日 善行少年表彰式

11月6日に玉島警察署において「令和元年度善行表彰式」が執り行われました。本校は、バレーボール部が受賞しました。表彰内容は、部員全員が一致団結して大会で優秀な成績を収めるため日々の練習に熱心に取り組んだこと。また、率先して校内外の清掃や美化活動さらに警察やボランティアと協働して広報活動へも参加し、犯罪抑止と被害防止のために尽力しました。

男女バレー部の日頃の活動、活躍をここに表彰します。日々の地道な努力のたまものですね。
他校の生徒さんたちも常日頃から、頑張っています。

11月9日 土曜参観・進路説明会

11月9日(土)に1.2年生の参観授業と3年生を対象とした進路説明会が行われました。当日は、多くの保護者や家族の方に来校していいただき、総合学習の発表の参観と、3年生の保護者の方は午後からの進路説明会に参加していただきました

日頃の学習の成果を発表する
保護者の方の視線を気にしながらも授業に集中
校内活動、学習の様子など普段の学校生活を見ていただく

11月8日 浅口市長杯中学生英語スピーチコンテスト出場

11月8日に第12回浅口市長杯中学生英語スピーチコンテストが開催されました。本校からは、暗唱の部に7名、創作の部に3名の生徒が出場しました。事前にマイケル先生の指導を受けながら準備して、本番に臨みました。出場者全員が頑張りました。特に創作の部において3年生の流尾さんと唐川さんペアが見事優勝しました。皆さん大変お疲れ様でした。

各校を代表する優秀な面々
素晴らしい成績を残し今後の英語への取り組みにも力が入ります

11月2日 OKAYAMAスマホサミット 2019成果報告会

11月2日、岡山大学創立五十周年記念館にてOKAYAMAスマホサミット 2019成果報告会が開催されました。目的は、スマホ・ネツト問題に対し、生徒自ら、スマホ使用ルールづくり等の主体的な活動を推進するためであります。本校からは生徒会の2人が参加しました。

他校の現状や活動内容を知るよい機会となりました

11月1日 保健集会・学校保健委員会開催

11月1日(金)に保健集会・学校保健委員会が開かれました。保健委員会の発表とICTサポーターの高田陽子先生をお迎えし、『知っていますか?スマホ・パソコン・ゲームのさまざまなトラブル ~自分の生活・未来を守ろう!~』と題して講演をしていただきました。日頃からメディアに対してどのように関わればよいのか学習しました。

ネット依存による弊害を紹介
生徒へのアンケート結果を発表し、鴨中における現状を知る

あさくち教育週間

10月28日~11月1日の1週間あさくち教育週間が実施されました。期間中はスクールガードの方、地区の民生委員さん、保護司さん、学校運営協議会の委員の皆さん等が学校を訪れ全校の授業を参観されました。日頃の学校生活の様子を参観していただきました。

年表という形で掲示している4月からの生徒の活動や取り組み、学習や部活動の様子等を見ていただく。
授業参観では生徒にも普段にはない緊張感が生まれます。
校内、施設の見回り、学校生活を送るにあたり、生徒にとって危険な場所はないか、不便な点はないかを厳しい目でチェックしていただきました。
パソコンを散り入れた授業もあり、多様化していく現代の教育環境を知っていただく、よい機会にもなったのではないでしょうか。

2年生による職場体験

10月23日~25日の3日間、鴨方中学校2年生が職場体験を行いました。多くの事業所等のご理解とご協力で体験活動をすることができました。働くことを通して自己の適性について考え、仕事の喜びや苦労、社会的な役割を知ることができました。また、礼儀や言葉遣いをはじめ、社会で必要なマナーやルールの大切さを知りました。

パン屋さんでは、製パンや販売を通じて、物づくりの大変さや衛生管理の重要性を体験しました。今後はパンを頂くとき、目に見えない苦労を思い出し、一層深く味わって食べたいです。
お洒落に興味がある、将来手に職を付けたい、
そんな生徒さんにとっては貴重な体験になりました。美的センスと手先の器用さを問われるこの業界は想像以上に重労働です。
今や猫の手も借りたい物流業界。
宛先の確認、荷物の仕分け等を体験し、ネットで簡単に商品を注文できるシステムの裏で多くの人がそこに関わり、指定した日時に破損、欠品なく荷物が届けられることがいかに大変なことであるかを知るいい機会になったと思います。
図書館では、書籍の管理、整理整頓、貸し出し、返却等の業務に携わりました。生徒にとっては普段、本との関わりはあるものの、今回の体験により改めて図書館業務や本に対する意識にも変化が生まれたのではないでしょうか。
住民の生命と安全を守る消防業務。日ごろ行われている車輌や機器の厳しい点検、管理を目の当たりにし、緊張感も高まります。その後は恒例となった中学校の施設点検で署員の方と校内を巡回し、母校の安全をしっかりと確認しました。
学区内の小学校でかわいい児童さんに勉強のアドバイス。
今回の体験を機に、将来、学校の先生を目指す生徒さんが現れることを期待します。
病院や介護施設の業務に携わった生徒さんは、患者さんや施設を利用する方々に対し、いかに相手の立場になって対応できるかを体験したようです。今後、担い手不足といわれるこの業界で多くの人々のために力を尽くせる優秀な人材が生まれることを期待します。  訓練用の模型に針を刺すのも力が入ります。
飲食店で接客や補助作業を体験した生徒さんは、普段注文をする側から注文される側に回ってみて、サービス業の大変さを学んだのではないでしょうか。言葉遣いや接客態度も、お客さんの前では緊張します。美味しい物を提供するには料理人の腕前もさることながら、お客さんと直接接する店員さんの役割も大きいですね。
郵便局での重要業務はやはり、お金の管理。
細心の注意を持って業務にあたります。
さらに地域に根付き地域に密着した郵便局では、接客にも気を使います。見た目以上のハードワークは貴重な体験となりました。

今回ご協力を頂きました皆様には、この場をお借りしまして改めて御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

玉島商業高校の先生をお迎えして・3年生

~ いよいよ、本格的な受験に向けての準備がスタート ~

 10月25日に玉島商業高校の先生をお迎えして『マナー講座 ~高校入試に向けて~』というお題で講話がありました。特に面接マナーについてお話をしていただき、日頃の生活から習慣づけていくことが大切であることを学びました。

高校の先生のお話に真剣に耳を傾ける3年生。

今回の講話を皮切りに、これから3年生への受験に関わる行事は増えていきます。来春の本番に向けて各人、気を引き締め、それぞれの目標に向けて日々の努力を怠らないようにと、校長や担任からの指導にも熱が入っていきます。残りの中学生活、悔いのないように、そして全力投球を忘れずに!

豪雨災害支援・タオル募集

鴨方中学校生徒会と鴨方中学校PTAが被災地域で使用するタオルの募集を呼びかけたところ、3日間で820枚ものタオルが届きました。皆さんの善意は、浅口市社会福祉協議会を通して被災地に送られます。ご協力ありがとうございました。

タオル贈呈式がありました。お礼を述べられる山下会長

予想を上回る数の善意が集まり、生徒会長をはじめ鴨中生徒の被災地への想いが形となって届くことを願っています。

贈呈式では感謝の言葉を頂き、今後もこのような活動を生徒が一丸となって進めていくことを新たに決意する機会にもなりました。

被災地の復興と被災者のみな様方の1日も早い生活再建を心よりお祈り申し上げます。