いじめ問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

浅口市立鴨方中学校 いじめ問題対策基本方針 (2019年)

い じ め 問 題 へ の 対 策 の 基 本 的 な 考 え
    • 学校は,いじめ防止等のため,校長の強いリーダーシップの下,すべての教職員が強い使命感をもって,保護者,地域とも適切に連携して,学校の実情に応じた対策を組織的に推進 する。
    • いじめ対策委員会を組織的な対応を行うための中核的な常設の組織とし,学校におけるいじめの未然防止,いじめの早期発見及びいじめへの対処等に関する措置を実効的に行う。 特定の教職員で問題を抱え込まず,学校が組織的に対応する。また,複数による状況の見立てを行い,必要に応じて心理や福祉の専門性を持つスクールカウンセラーやスクールショ ーシャルワーカーなどの外部の専門家等の参加を得て対応することにより,よし実効的ないじめ問題の解決を図る。
    • 〈重点となる取組〉
    • SNS の利用やネット上のいじめについての認識を深め,いじめの認知能力やその後の対応能力向上のための教職員研修を実施する。
    • 人権週間において,生徒会が実施する取組を支援し,いじめを許さず,トラブルを自分たちで進んで解決しようとする意識の高揚を図る。
    • 生徒のインターネット利用実態を踏まえ,各学年で全ての生徒に対して情報モラルに関する授業を毎年計画的に実施する。
詳細はこちら