カテゴリー: 鴨中NOW

高校入試に向けて面接練習開始

3年生は、1月16日、17日の2日間面接練習を行いました。いよいよ今月末には、最初の入試があります。志願理由や趣味、特技などいろいろな質問に答えていました。体調管理を万全にして頑張ってください。

順番を待つ時間も、緊張が高まります。
入室の作法、挨拶、面接官との一問一答。
本番に備え自分をしっかりアピールできるように、
これから繰り返し練習です。

1月15日 全校集会開かれる

1月15日に三学期最初の全校集会がありました。生徒会からあいさつ運動の募集について。資源回収の協力について。そして、1月25日に文部科学省で開催される「全国いじめ問題子供サミット」へ岡山県代表として参加する3名の生徒が事前発表を行いました。

生徒会新役員の仕事始め。
本格的な活動がスタートしました。

代表の生徒さんも気合が入ります。

始業式に引き続き、生徒会役員任命式

始業式に引き続き、令和元年度の生徒会役員から退任のあいさつがありました。そして、新生徒会役員が任命されました。

生徒会役員の交代、退任するの役員さんは1年間ご苦労さまでした、そして新しい役員の生徒さんは、鴨中生徒会の伝統を引き継ぎ、また新たな歴史を築くべく、これからの1年間、頑張ってください。

令和2年1月8日 第三学期始業式

令和2年1月8日 いよいよ三学期がスタートしました。各学年の代表者が三学期の取り組みについて決意を述べました。校長先生から『心のチューニング』についてのお話を聞きました。

いよいよ締めくくりの3学期。
中でも3年生は、受験が始まります。

校長先生のお話で各生徒、気が引き締まります。

12月24日 第2学期終業式

12月24日に第2学期の終業式及表彰がありました。2学期の反省と今後の取り組みについて各学年の代表者が発表してくれました。どの学年も様々な行事の終えて、成長したことと、今後の課題及び決意を話してくれました。 学校長からは、2月期の振り返りと『ほめことばシャワー』について、さらにコミュニティースクールの説明と行事の紹介、部活動のオフシーズンの取り組み方等のお話がありました。一日一日を大切にして安全と健康に十分注意して皆さんにとって素晴らしい新年を迎えてください。

まずは、校長先生から2学期並びに2019年の総括を。
2学期、勉強に部活動に頑張った生徒さんへの表彰。

明日はクリスマスそして冬休みが始まります。そして年末年始、何かと気ぜわしくなる時期です。健康管理には十分注意し、そして日々安全な生活を送り、来る2020年を明るく迎えて、3学期をしっかりとスタートさせましょう。

皆様も良いお年お迎えください。

12月17日 第4回学校運営協議会が開かれる

12月17日に第4回学校運営協議会が開かれました。今回の学校運営協議会には、生徒会総務から7名の生徒も参加してくれました。 今回は熟議の会として、地域の方々と生徒と教員とで、「あいさつ」「誠実・思いやり」「郷土愛・社会貢献」の3つのカテゴリーについて、それぞれ、学校でできること、地域でできること、両者が一体となってできることを話し合いました。生徒たちも、普段あまり知ることができない地域の方々の意見が聞けて、今後に役立てたいという気持ちになりました。

次々と、貴重な意見が発表されました。
地域の方々の意見を直接伺う機会を設けていただき
今後の学校生活等に役立てたいです。(生徒談)

これからも地域の方々、教員、生徒の連携をしっかりと図り、鴨方中学がこれからも地域に根付く学校として発展していくことを願います。

快挙! 本校生徒、伊藤園・新俳句大賞に入賞する!!

 本校3年生の田中安由美さんの俳句が見事、佳作特別賞を受賞しました。 『伊藤園 お~いお茶新俳句大賞』本年度の応募総数は1,995,869句です。その中から2,000句が入賞を果たしました。 特別限定品としてお茶(ペットボトル)のラベルに印刷されました。 佳作特別賞の受賞作品は次の通りです。 『 こがらしと 力比べの 通学路 』 素晴らしい俳句です。受賞おめでとうございます

17文字という世界で一番短い「詩」と言われる俳句において、季節感や瞬間の情景を捉えたこの一句は、中学生らしい若々しさや躍動感を見事に表現しています。今後も日本特有のこの文学に興味を持ち続け、その才能を伸ばしてほしいと思います。

12月12日 栗山浅口市長との懇談会

12月12日に栗山市長と鴨中生徒との懇談会が行われました。市長さんからは、浅口市議会のことや税金、特に地方交付税の仕組みについてお話をしていただき、大変勉強になりました。また、生徒からは通学路の危険箇所の整備をお願いしたり、様々要望をしました。市長さんは、丁寧に回答をしていただき、生徒たちは、真剣に耳を傾けていました。

中学生も浅口市の立派な市民です。こうした機会をきっかけに自分たちの町の行政や市の問題について真剣に考え、浅口市の未来を担う立派な人材へと成長していくことを願います。

12月6日10日 薬物乱用防止教室・非行防止教室

12月6日と12月10日に岡山県警察本部生活安全部少年課の中村専門員にお越しいただき、薬物乱用教室と非行防止教室が開かれました。薬物乱用教室では、覚醒剤、危険ドラッグ、麻薬の恐ろしさについて学びました。

昨今芸能界でも大きな話題がありました。薬物の蔓延は想像以上に広がりを見せています。しかも、若い世代をターゲットにして。

今回の教室で学んだ正しい知識をもとに、薬物に手を出して人生を無駄にすることのないよう今後もしっかりと自分の生き方を考えてほしいものです。

12月5日 生徒会・演説会・選挙

12月5日に生徒会の立ち会い演説会と選挙がありました。  大勢の生徒が見つめる中、立候補者、応援演説者は、緊張する自分自身に負けないように、大きな声で、はっきりと、そして堂々と演説を行っていました。聴く側の生徒もまた真剣に応えていました。会場となった体育館全体が素晴らしいムードに包まれた、良い時間となりました。

緊張感漂う中、新しい生徒会長並びに新役員が選出される。
本格的な投票設備。
早い生徒さんでは3年後には有権者となり、
自治体や国政の選挙に参加できます。
これはいい予行演習になりますね。

これで来年度の生徒会の執行部、役員が決まりました。新しい会長を中心にまた新たな鴨方中の歴史を築くべく、教員、生徒がワンチームとなって生徒会運営を進めていくことを期待しています。